2012信越五岳トレイルラン完走記 スタート~第一関門

スタートまで | スタート~第一関門 | 第一関門~第三関門 | 第三関門~ゴール

スタート⇒1A


5:30 スタートです!
まずは高原を登ります。


行ってきまーす(^^)


朝日が眩しいですね。


スタートしてからはしばらく人も多いので、このようなシングルトラックでは付いて行くしかありません。
というか皆さんやっぱり早い!


最初の難関は斑尾山山頂までのきつい登りです。
その前に長い緩やかな登りが続きました。
この登りが走れなくもないくらいの勾配で、全部走ってしまいました。
これが結構足にきて、いま思えば無理しなかった方が良かったのかなぁと。


1A手前からは野尻湖が見えました。

ここにはスモールマウスバスといって珍しい種類のブラックバスがいます。
普通のブラックバスはオオクチバスと言って、その名の通り口がでかいのですが、ここにいるスモールマウスは口が小さいのです。
ただ、その引きはラージマウス以上とも言われ多くのアングラーに愛されています。
話がそれました・・。
あ、そういえばタオルがない。無くしたようです・・。


7:34 1A(第一エイド)につきました。
信越五岳は10kmごとに看板があり、10km地点でのタイムはだいたい1時間くらいでした。
10kmくらいまではアキレス腱が痛かったのですが、温まったからなのか、それからは痛みは出なくなり気持ち的にだいぶ楽に。
その後、別の爆弾が爆発する事とは知らず・・・・。
エイドではムサシ(スポドリ)、パワーバーなどが置かれていました。充実していますね。


ふと横を見ると山への入り口が・・・。なかなかの勾配ですね。
頑張ります。

1A⇒2A


おんたけのほぼ林道とは違い、信越五岳では山道も走ります。そのため、急勾配な道が結構ありました。


8:06。20km地点。斑尾山頂付近です。


そこから下ると2Aに着きます。

2A⇒3A


気持ちが良いですね。


9:48。少し登って30km地点。袴岳です。


そこからまた下り、妙高高原に向かいます。


10:50。そして3A到着。
しかし暑いですね。30度以上あるようです。エイドで倒れている人もちらほら。大丈夫でしょうか。


冷やしトマト!!これ食ってみたかってん!

3A⇒4A


3A からは陽をさえぎる物が無い川沿いの道を進みます。


進みます。

歩きます。
頑張って走ってみます。

ん・・?右足に嫌なしびれが(><)


11:21。40km地点。
右足はなんと腸脛靭帯炎でした。まさかのです。ショックです。リタイアか?と何回も思いました。
もうほとんど走れなくなりました。
何が原因だったのでしょう?
暑さの中、無理して走ったのが原因の一つな気がします。
この原因究明は今後に繋がりますね。
3Aの途中から一緒だったおっちゃんに、足をつった時用の漢方薬をもらっていたので食べました。あとロキソニンも食べました。
なんとか痛みおさまって下さい!


コースは再び山道になり、フラットで走れる道に。
しかし、右足が痛くて走れませんでした。


13:07。50km地点。
あと、まだ60kmもある・・・。
でもリタイアはしたくないです。ゴールまでの道を全部見てみたいですから。
歩いてでもゴールを目指します。


13:37。そして辿りついた4A(第一関門)。
制限時間まで1時間30分くらいあります。

もちろん続行です。


暑い~

inserted by FC2 system