第3回UTKK参戦記

第3回UTKK

第3回Ultra-Trail Kotori Kiss(ウルトラトレイル コトリキッス)に参加してきました。
自分が主宰を務めるトレイルランニング草レースの第3回目です。
これまで第1回、第2回と自らも選手として参加してきましたが、今回は裏方に専念、エイドスタッフを担当しました。
第3回UTKKのホームページはこちら

スケジュール

7:10~7:50 高尾駅 顔出し、買出し
7:52~8:48 電車移動(高尾→武蔵五日市)
9:00~9:35 バス移動(武蔵五日市→上川乗)
9:35~10:20 徒歩移動(上川乗→浅間峠)
10:20~14:00 エイド業務
14:00~16:00 スイーパー(浅間峠→数馬の湯)
17:32~18:24 バス移動(数馬の湯~武蔵五日市)
解散

うさぎ受付

朝は4時半起き。
5時40分、最寄り駅より電車にて高尾に向かう。
この時間、車内には土曜の朝というよりも、金曜の夜を引きずっている空気感。
電車の中で寝ようにも、今日の大会のことが心配なのか一睡も出来ず。
高尾駅に到着する寸前、今回エイドスタッフを手伝ってくださることになったガッキーさんと無事合流。
高尾駅南口、ここでうさぎ選手の受付が行われます。
そこには既にキクさん、ゆうこりん(うさぎ受付スタッフ)がいました。
今回、このお二方には参加賞の製作を手伝っていただき、おかげで立派な参加賞を作ることが出来ました(^^)

ゆうこりんにエントリーリスト紙を渡し、僕らスタッフ2名は南口にあるファミリーマートに買出しへ。
買ったのはおにぎり16個、水4リットル、氷、と自分たちの食料など。
再び駅に戻ると、続々とうさぎ選手が集結していました。
また、今回もかめの受付をしてくださることになった佳代子さんもいて、参加賞やエントリーリストもろもろを渡し、今日のスケジュールを確認。
かめの選手はここ高尾駅の北口よりバスに乗り、和田峠に向かいます。


(ゆうこりん撮影)
UTKK参加賞にも使用しているタトゥーシールですが、これをトライアスロンのゼッケンを真似て、タトゥーゼッケンにしました。
なかなか評判が良いです(^^)
さて、時刻は7時半を過ぎ、受付のゆうこりん率いるうさぎ選手たちはスタート地点へ移動。
いってらっしゃい、浅間峠で待ってますよ!!
僕らエイドスタッフ2名は電車に乗って武蔵五日市へ。

浅間峠へ

8時48分、予定通り武蔵五日市駅に到着。少し肌寒いです。
駅前には多くのハイカー、トレイルランナーがいて、独特の雰囲気。
来週のハセツネ30の試走会らしき人たちも多くいました。
9時丁度発のバスに乗り、上川乗へ。
9時35分、上川乗に到着。運賃は700円。
ここからいよいよ自力で浅間峠を目指します。

今回は浅間峠にてエイドを行う為、食料、飲料、調理器具など占めて15kg~18kgくらいを2人で分担してボッカ。
山に入るのは結構久しぶりなのでワクワクします。
しばらく登ると団体さん。おじいちゃん、おばあちゃんのツアーのようでした。
40リットルのザックを背負っているのでハイカーちっくなはずなのに、なぜかハイカーとは認識されず、トレイルランナーと言われました(^^;)
道を譲っていただき、浅間峠を目指します。

10時20分ごろ、予定より少し早く浅間峠に到着。
ちょっと雨がぱらついてきました。選手たちは大丈夫だろうか。
うさぎはスタートしてから2時間以上経過しているので、城山~和田峠あたりかな?

浅間峠には先客はおらず。屋根のあるところの椅子を半分借りて、エイドの準備をすすめます。


今回用意したのは・・・
【飲料】
コーラ1.5L、ダカラ2L、なっちゃんオレンジ1.5L、水4L、ホットカフェオレ、ホットコーヒー少々。
【食料】
おにぎり、オレンジ、バナナ、ホットケーキ、ブラックサンダーなど。

また、今回初の試み「算数ミッション」!!
これは浅間峠に到着した選手に全10問の算数問題を解いてもらい、1問でも不正解の場合はペナルティーとして10分間滞在しなければならないというもの。
まぁ仮にペナルティーとなっても10分休憩と考えればいいんですが。
問題用紙なども並べて準備、準備・・。


そうこうしているうちに、先ほどのハイカーさんたちが到着。
聞くと丸岳までいくとのこと。ガイドさんが「ここはハセツネの第一関門なんですよー」なんて説明しており、やはりハセツネは有名なんだなぁと再認識。

時刻は11時。トップ選手到達予想時刻の12時20分まではまだ1時間以上あります。
ここに来るまではずっと登りだったので、ちょっと暑いくらいでしたが、だんだんと寒くなってきました。
それもそのはず、浅間峠の温度計を見ると6度。そりゃあ寒いはず。
ガッキーさんと寒い寒い言いながら、周辺のトレイルを走ったりして体温を上げていました(^^;)

かめ選手到着

時刻は12時。
予定時刻まではまだ時間があるが、もしかしたら好調な選手がもう来るかもしれない。
コースを500mほど逆走し、見に行きました。
すると向こうから2人の人影・・。
来た!一人は・・ナガさん?もう一人は、、初参加の方でしょうか。
とりあえずUTKK選手っぽいので、急いで浅間峠に戻り、準備。

そしていよいよ浅間峠に選手が到着。
やはり一人はながさん、もう一人は初参加の鈴木さんでした。
時刻は12時19分。ほぼ予想通りの時間。
早速二人には「算数ミッション」を課します。さぁ、解けるもんなら解いてみろっ・・・・!!!

二人とも寒くて手がかじかんで上手く文字が書けないと言います(^^;)
そして運命の採点・・・。100点っ・・・・!!!!
この二人は無事、通過となりました。


その後、続々とかめ選手が到着。
当初はこの算数ミッションの回答に要するタイムを測定しようと思っていたのですが、そんな余裕はなく。

おっと、ここで一人、算数ミッションの餌食となった選手が。
かめ選手のアヤノさん、残念ながら1問不正解でペナルティータイムです。
この間違いを見つけた時のテンションの上がり方が面白かったです(^^)
かめ選手は12時28分までに全員が到着。ほとんどバラけていないようです。

佳代子さんはうさぎ選手のマキさんを待つということで滞在。ほかのかめ選手は再スタート。
やはり気温が低いのでドリンクが減らず、フルーツもほとんど食べられず。
逆に、ちょっとネタで仕込んだ「ホットケーキ」が大反響。
佳代子さんにはリクエスト頂いていたホットカフェオレを作りました。
今日は暖かいものが正解だったようです。

うさぎ選手到着

かめ選手の集団が浅間峠を出発して間もなく、一人の選手が到着。
うさぎ選手のダンナさんでした!
うさぎ1位です。
今回初参加いただいているアカさんあたりが、かめも抜かしてトップで来るかなぁなんて考えていましたが、レースは分からないものです。
どうもダンナさんは自分が1位ということを認識していない様子・・。どうなっている??


ダンナさんにももちろん、算数ミッション!!
見事に100点!足も頭もキレキレのようです。


ダンナさん出発。


その後、マキさんを待っていた佳代子さんは寒くなってきたので、やはり先に行くことになりました。お気をつけて!
急に静けさの戻った浅間峠。
と、間髪入れずに選手到着!田村さんでした。
今日も元気にワラーチです。
佳代子さんから、「ちょっと算数が簡単だから、田村さん辺り、制限時間を与えてプレッシャー与えてみて!」と言われていたので、田村さんには制限時間30秒である旨を伝えて、算数ミッション開始!


運命の時、田村さんの点数は・・・70点!!!
なんと痛恨の3問ミス。会場は大盛り上がり(^^;)
田村選手、残念ながら10分間のペナルティータイム突入となります。


半ズボンでとても寒そう。ホットカフェオレのサービスです。


次に到着したのはアカさん。どうやらこのアカさんと田村さんの「チームみきお」、二人でロストしてしまったとのこと。
それでダンナさんも1位とは思っていなかったのですね。
そしてアカさんの算数ミッションは90点!田村さんと仲良くペナルティータイムとなりました。
やはりうさぎ選手はここまで約30km走り、大分疲れが溜まってきているようです。


田村さん、まだまだ元気です!


ペナルティータイム解除となった2人が出て間もなく到着したのは初参加の八尾さん。
算数ミッションは見事100点!


まだまだ元気そうです(^^)

残る選手は5名。ここから選手間隔がバラけそうです。
またまた逆走することにしました。

その途中で見覚えのある方が。
なんと、信越五岳のペーサーで出会ったI上さんでした。互いのレース近況などを確認し合いました。浅間峠から下山するとのこと。


さらに逆走、するとその先に3名ほど選手が。
キクさん、ひじいさん、岡田さん。


そしてちょっと遅れてゆうこりん。
おー、来てる来てる。ゆうこりんに聞くとそのまたちょっと後ろにマキさんも来ているそう。
てことはこれで全選手!想定よりも皆速いです。


そしてマキさん登場。


「うさかめー」といつも以上のテンションで話しかけてきます。
どうやらここまで独りレースだったとのこと。
何度もリタイアを考えたが、なんとかここまで来たと。
そして算数ミッションに不安があるらしく、熟女の色気で免除してもらえませんか?と言ってきましたが、それを華麗に却下!通用しませーーんっ・・!!

皆、無事に浅間峠に到着。
そこには先ほどすれ違ったI上さんもいました。
さてさて、気になる算数ミッションは・・・


マキさん、熟女の色気なんぞ使わなくとも100点!


岡田さん、インテリ風の眼鏡は伊達ではありませんでした。100点!


ひじいさん、真剣な表情で算数問題を解き、見事100点!


ゆうこりん、余裕のピースで100点!
キクさん、すみません、写真撮るの忘れてました(^^;)

スイーパー業務~数馬の湯へ


14時前、全選手が無事に浅間峠を通過したのを確認し、我々エイド組は引き続きスイーパー業務へと移ります。
なんとなく、やっぱり僕も走りたかったので、このスイーパーは楽しみにしていました。
荷物も大分軽くなり、足取りは順調。


程なくしてうさぎ選手に追いつきます。
ゆうこりん、ひじいさん、キクさんの集団です。
ひじいさんは足が吊っているらしく、相当辛そう。
浅間峠から数馬峠までは大きな登り下りもなく、快適に走れる区間。
が、やはりここまで30km以上走ってきたうさぎ選手は相当疲れが溜まってきているようです。そしてその状態が羨ましい。
ゆうこりんはペースを上げ、マキさんと共に先へ行き、見えなくなってしまいました。
そしてひじいさんも回復したのかペースが上がり、前へ。
残る選手のキクさんと僕、ガッキーさんの3人でゴールを目指すことに。
流石きくさん、足は減っても口数は減りません。むしろ増えている!


浅間峠より約1時間30分ほどして数馬峠に到着。
数馬峠からの開けた景色がとても好きです。
僕はこの数馬峠で下山というパターンが多いためか、この景色を見ると安心します。


そして時刻は16時02分、最終ランナーキクさんゴール!!
寒い中のエイド&スイーパー業務を共に手伝っていただいたガッキーさん、お疲れ様でした、そしてありがとうございました!

当初の予定では最終ランナーゴール予定時刻は16時30分。
30分ほど前倒ししており、17時32分のバスには十分間に合いそうです(^^)


数馬の湯入り口付近で記念撮影や表彰式。
そして風呂に入って、数馬の湯のレストランへ。
ここに来るといつも食べる「まいたけ蕎麦」。
今日はなんだか美味しい。
1テーブルを占領するUTKK選手たち、ざっと15人、他は客はいないようです。
いやー無事に終わって良かった。
その後は目標としていた17時32分のバスに全員乗り、武蔵五日市駅より流れ解散。


(ゆうこりん撮影)
参加された選手の皆さん、参加いただきありがとうございました!
そして参加賞製作&資材提供をしてくれたキクさん、ゆうこりん、浅間峠エイドを手伝ってくれたガッキーさん、かめ受付を担ってくれた佳代子さん、改めてありがとうございました!
第4回の予定は全く立っておりませんが、いつかやりたいですね(^^)

一人反省会

第3回UTKKを終えて、ああすれば良かった、こうすれば良かった的なところを次回へ活かす為にメモ。

【改善点/反省点】
・気温を読み違えて、冷たいドリンクが多く余ってしまった。氷は殆ど捨てる羽目に。
・かめスタートを遅らせるか、うさぎスタートを早めて、さらにうさぎとかめが交戦するようなタイムスケジュールにするともっと盛り上がるかも(と田村さんよりアドバイスいただきました)。
・荷物預かりサービスをアナウンスしたが、前日にパッキングしてみてキャパ上難しくなり、結局出来なかったこと。混乱させてしまったかも。
・選手によってゴールするタイムは大きく異なり、2時間ほど開くこともあるので、早くゴールした選手への案内をなにか出来ればよかった(帰っても良いし、レストラン内で待っていてくださいなど)。
 もしくは、うさぎ選手はウェーブスタートにすると良いかも。8時、8時半、9時スタートの3タイプなど。しかしそうした場合、うさぎ受付者が長時間高尾南口にいなくてはならないことになる。
・生ごみ、特にオレンジ、バナナの皮を持ち運ぶ際、ビニール袋1枚では漏れが心配で結局手に持って走った。次回はビニール袋大目に。
・連絡体制強化。和田峠~は電話が悪く、リタイアするにも連絡出来ない可能性。その辺り、対策を考える必要があるかも。
・4月のエイド業務は予想以上に冷える。防寒対策を。
・これが一番の反省かも。帰りのバス、電車内にて騒ぎすぎたのでは?とメンバーからの指摘を頂き、確かに思い当たる節はあるので、次回からは山のマナー同様、公共機関でのマナー(当然だけれども)にも気をつけて行動したい。

【良かった点】
・ゼッケンタトゥーが予想以上に反響あった。
・参加賞の木のリングのストラップ、あれがザックにくくりつけて走ると、ポンポン、ポンポンぶつかってきて、あたかも「負けるな、諦めるな!」と言われているようだったとのこと(マキさん談)。
・キクさんリクエストのパンケーキ(ホットケーキ)が人気あり、なくなってしまうほど。

inserted by FC2 system