観音崎ポタリング&トレニック


コース

※コースマップは亀が作成中です。

コース:蒲田⇒横浜⇒横須賀⇒観音崎散策⇒久里浜⇒堀之内駅
距離:約55km(観音崎灯台入口まで)(トータルではたぶん70km弱)

観音崎に行く

前日の11/30は「ふれいあいの道チャレンジャーズレース」の試走をしました。
高尾駅南口からスタート。やはり膝の調子が悪く、結局陣馬で下山する事に。

で、今日はそんなヤワな膝へのダメージも少ないということでサイクリング。
ちなみにタイトルはポタリングとなっていますが、実際のところポタリングの定義は良く分かっていないです。
なんとなく、サイクリングとは違い目的を特に決めず、ゆるい感じで走るのがポタリングと解釈してます。
さてどこに行こう、なんて考えていると昼前に。いつものパターンです。
とりあえず天気もいいので、こりゃ海だな!ってなって観音崎、久里浜辺りを目指すことにしました。
気分が乗れば久里浜~浜金谷のフェリーに乗っても良いかなって感じです。

昔は良く鎌倉、湘南方面に走りに行ったものですが、いかんせんあそこは人が多いのです。
それに比べ、良い意味でローカル感のある三浦半島は好きです。

スタート

蒲田から国一で横浜へ。
多摩川大橋から鶴見川辺りまでは交通量が多く、自転車の走れる幅も狭いので嫌いな区間です。
第一京浜でも横浜にいけますが、あちらも似たりよったりといったところ。
そして車が多い為、空気が汚いのがすごい分かります。
やっぱり走るなら空気のきれいなところ、山の中とかがいいですね。
横浜到着。ここまでは約15km。
車が多いだとか、空気が汚いだとか文句言ってますが、天気が良いので気分もそんな悪くないです。
横浜からは16号線で横須賀方面へ。
途中、鎌倉方面への道に間違って入ってしまったらしく軌道修正。金沢方面へと進みます。

そしてこの辺からようやく「ローカル」な感じになってきます。
キタキタ!コレコレ!って感じで気分も上昇。
再び16号線に合流し、横須賀へ。
横須賀手前数kmには通称「魔のトンネル8連荘」が待ち受けます。
それぞれ100mくらいのトンネルですが、8つほどトンネルがあるのです。
車もそれなりに多く、緊張して走る区間。バックライトをつけて走ります。
なんとか魔境を乗越え横須賀到着。
時は昼。横須賀カツカレーでも食いたいなぁなんて考えるも目ぼしい店もなく、そのまま観音崎方面へ。

カフェ時舟

横須賀からしばらく幹線道路を走ると激安の殿堂ドンキホーテが見えてきて、磯の臭いがするなと思えば、その先に海が広がります。
おお、海だ!ってなる瞬間です。
この海沿いの通りはなぜか南国風の樹木が立ち並び、良い感じに走れるその名も「よこすか海岸通り」。
左手には堤防があり、釣り人が沢山います。また、その横を犬を散歩させている人やランナーで賑わっています。
すぐ先には猿島なんかも見えます。
更に進むと右手に「湯楽の里」というスーパー銭湯があります。
帰りはここでひと風呂浴びて輪行で・・。なんて考えるも休日の入場料が1200円。ちと高い。
そのまま進むと上り坂があります。ここは春先になると桜が綺麗な道です。いわゆるチェリーブロッサムロードです。
登って下ってしばらく行くとそこは観音崎。ちょっとした商店もあります。
駐車場があり、車、バイクでやってきた観光客で賑わってます。


昔は観音崎灯台に登ったものですが、今となっては何回か行ったところなので今回はパス。
そのまま進み、観音崎公園でやっとこさ腰を下ろします。
そういえばここまで休憩無し補給無しで来ました。夏では考えられないですね。
自販機で120円のフルーツアイスを買いました。ネコがうらやましそうにこちらを見つめてきます。
これがきっかけになったのか、急にお腹が空いてきました。
観音崎公園には海の見えるレストランがあります。
1000円以下のランチなら・・・と覗くと軒並み1000円以上といった感じ。
ここでケチ根性が出てしまい、先に進むことに。
そういえば観音崎~久里浜の道を走るのは今回が初めてです。
しばらく行くと左手に「かもめ団地」という標識があったので、より海沿いということもありそちらに進みました。
行くと、その名の通り団地でした。
と、ここでなんだか良い匂い。住宅フェアーみたいなのが開催されていて出店が出ています。
これだ!と思い、自転車を停め、覗いてみました。
すると「やきそば」「ラーメン」「カレー」など魅力的なメニューが並ぶのですが、値段が書かれていません。
なんか嫌な予感。なんというか部外者を拒絶している感じがします。
販売してますか?と聞くと、アンケートに答えて頂いた方に召し上がっていただいてますとのこと。
住宅を購入する予定も財力もないし、電話がかかってくるのも嫌なのでその場を後にしました。
団地と言うのは不思議な感じがします。なんかこういうと悪いかもしれませんが、ちょっと冷たい感じです。

そして浦賀に到着。団地を抜けたところに現れるちょっとした港町です。
先ほどからそうですが、観音崎に着いたあたりからは自転車はスピードも出さず、自由きままに観光ポタリング。
浦賀でも気になる方にプラプラ走ります。


そして見つけたのが「カフェ時舟」
隣には渡し船があります。
ランチ営業中とな。どれどれ、気になるお値段は・・・キーマカレー600円(サラダ付)。・・これや!
ってことで入店。
1階はアトリエ?作品を飾っているようで、中央におじさん座ってます。
というかそのおじさん、座りながら爆睡中。
うーん、良い感じ。
2階へと続くらせん階段を登ります。
すると丁度、他のお客さんが会計を済ませている所でした。
「いやーサラダをいくら待っても出てこなかったんだけど、忘れられてたのかな?いや、まぁいいんだけど。ビールと一緒に注文したから忘れられたのかな?」
と、お客であるおじさんがちょっと嫌味風?に定員さんにそう言いながら会計を済ませていました。
店員さんは気の良さそうなおばちゃん。ビールと一緒に注文しただけでサラダが出てこないとかちょっと心配な気もしたけど、
他に客もおらず、店の雰囲気が良かったのでとりあえず着席。
そもそも、おじさんもサラダ出てこないなら言えば良かったのに。
なんて考えているとお水が出てきました。
ちゃんと水も出ててくるし大丈夫だろう!と思い、キーマカレーを注文。
自転車の鍵をかけなくても大丈夫そうな雰囲気の街&店だったので、鍵をかけなかったのですが、やはり心配になり1階に戻って鍵をかけることに。
再び2階に戻る。すると、なにかを炒めている音とカレーの良い匂い。
良かった。ちゃんと注文通ってるみたいだ。


5分も待たないうちにキーマカレー到着。もっと待つかと思っていたので意外。
そして「辛味ネギ豆腐」(確かこんな名前)を追加注文。150円。
そして良く見るとカレーのご飯は玄米!これはポイント高いですよ!
旨い!そしてデッキからは浦賀湾が見え、渡し船の行き交う姿も確認できます。
店員さん(どうやら先ほど1階で爆睡していたおじさんの奥さんではなかったです)に話を聞くと、渡し船は自転車も乗せれるとのこと。


通常150円で自転車はプラス50円。乗船時間は5分もない感じでしょうか。
丁度、浦賀湾を最短ルートで横切るから短縮できるんだとか。
まぁ歩いても1kmもないような距離なのですが、そこをわざわざ渡し船で行くところに「イキ」を感じます。
カフェ時舟は良く見ると、船にあるような丸い窓が設置されており、その名の通り舟の中みたいな作りになっています。
今日は風もなく快晴とあり、とてものんびりした時間が店内を流れています。
もう今日の旅をここで終えようか。
そんな気にもなりましたが、まだ昼過ぎなので観音崎公園に戻ることにしました。

ふれあいの森・花の広場

再び「かもめ団地」を通り観音崎公園へ。
そういえばこのあたりの海沿いの道には多くのランナーが走っていました。
先ほどアイスを買った自販機の横にあるトイレの所に自転車を置き、ふれあいの森とかいうトレイルの匂いのする場所を目指して歩いて行くことにしました。
バイクシューズを脱ぎ、ザックに忍ばせてあったワラッチを投入します。
登り始めるとすぐに階段が現れました。
お、なんかそれらしくなってきたな!とこの先のトレイルに期待が膨らみます。


登りきるとそこには木漏れ日が綺麗な道が続いていました。
残念ながら道はトレイルではなく、アスファルトでしたが、良い感じです。
山ではなく公園なので家族連れとか犬の散歩の人とかもいます。
あちらこちらに案内板がありなかなか整備が行き届いています。
しかも「←ふれあいの森400m」のようにメートル単位なのが落ち着きます。
普段km表示に慣れているからでしょうか。
花の広場に着きました。
そういえば「時舟」の人が「アジサイが綺麗なのよ」と言ってたのですが、見る限り花もないので時期が悪かったのでしょう。
地図によるとその先に「木のロッジ」(確かこんな名前)やら池があるようなので、そこまで行って引き返そうと思いました。
池までの案内版が100メートル刻みくらいであって、50m手前の看板を過ぎたところでまさかのロスト。
なんか団地みたいなところに出てしまいました(かもめ団地ではない)。
少し戻ってようやく池に到着。池は2つあり、近くには「この池に住む生き物たち」なんて案内板があってメダカやらの魚が描かれていましたが、
池を見てみるとアメンボもいないような状態。なんか悲しい気持ちになり、引き返すことに。
この近くには防衛大学校があり、テニスコートやらグラウンドがありました。
少年院なんかもあるようです。
つかの間のトレニック(トレラン&ピクニック)を楽しみ、アイスクリームの自販機に戻ってきました。
相棒は盗まれずに待っていました。良かった。


公園でホットの缶コーヒー(ブラック)を買い、海の見えるベンチに座り一息つきます。
バックミュージックはBLANKEY JET CITYのロメオです。
もうサンセットな時間ですね。
今三浦半島の東側にいるはずなのに、なぜサンセットが見えるのだろうと思いつつも深くは追求せずに帰りの準備をすることに。
夜に予定があるので輪行で帰ります。
予定が無くてもそうしていたと思います。
近くに浦賀駅があるのでそこまで行って電車に乗ることにしました。
が、乗換案内アプリを見ると浦賀からは特快が出ていないらしく、途中の堀之内駅というところで乗り変えないといけないことが判明。
堀之内駅がそんなに遠くなかったのでそこまで走ることにしました。
ちょっと寄り道して「よこすか海岸通り」を走ります。
こちらはやはり東海岸なのかサンセットは見れませんでした。
やはりサンセットタイムには西海岸を走るに限ります。
西伊豆の土肥あたりを走っている時はとても夕日が綺麗だったのを覚えています。
ほどなくして堀之内駅に到着。
輪行袋に詰めるための良い感じのスペースがないのがちょっと残念。
電車に乗り40分ほどで蒲田。これにて観音崎ポタの旅終了です。
カフェ時舟、また行きたいですね。

おわり

兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀兎亀

横須賀市浦賀の喫茶 BARのお店|カフェ時舟
住所:〒239-0821 神奈川県横須賀市東浦賀2丁目4?21
電話:046-876-8101

inserted by FC2 system