第6回UTKK(Ultra-Trail Kotori Kiss)

第6回UTKKは2016年12月3日に開催決定となりました。
今回はUTKK史上屈指の難コース「奥武蔵エリア」での開催となります。アップダウンのとても厳しいコースです。
難易度に応じてウサギコース・カメコースを用意しておりますので、沢山のチャレンジお待ちしております!

第6回UTKK 大会実施要綱

※以下は11月24日時点の暫定内容です。変更となる場合があります。

名称 第6回Ultra-Trail Kotori Kiss
日時 2016年12月03日(土)
開催地 奥武蔵エリア
受付 ウサギ:さわらびの湯バス停付近 8時00分~
カメ:名郷バス停 8時30分~
スタート ウサギ①:8時30分 さわらびの湯
ウサギ②:9時00分 さわらびの湯
カメ:9時15分 名郷
関門 13:30 名栗げんきプラザ(エイド)
17:00 古民家ファミリービレッジ(フィニッシュ地点)
制限時間 ウサギ①:8時間30分
ウサギ②:8時間00分
カメ:7時間45分
スケジュール(ウサギ①) 08:00 受付開始
08:30 スタート
17:00 ゴール制限時間
18:00 閉会式
スケジュール(ウサギ②) 08:00 受付開始
09:00 スタート
17:00 ゴール制限時間
18:00 閉会式
スケジュール(カメ) 08:30 受付開始
09:15 スタート
17:00 ゴール制限時間
18:00 閉会式
ウサギ①②
について
始発でもスタート時間に間に合わない選手を考慮した結果、ウサギを30分のウェーブスタートとしました。
ウサギ①のスタート時間に間に合わない選手は、ウサギ②を選択してください。
但し、②の場合については制限時間が30分短くなることをご了承ください。
なお、①②でコースに違いはありません。
コース
(ウサギ)
さわらびの湯 → 金毘羅神社奥の院 → 大ヨケノ頭 → 藤棚山 → 蕨山 → 橋小屋ノ頭(有間山) → 鳥首峠 → 大持山分岐 → 妻坂峠 → 武川岳 → 名栗げんきプラザ → 長岩峠 → 伊豆ヶ岳 → 古御岳 → 高畑山 → 天目指峠 → 子ノ権現分岐 → 豆口峠 → 鐘撞堂 → 小殿バス停 → 古民家ファミリービレッジ
コース
(カメ)
名郷 → 鳥首峠 → 大持山分岐 → 妻坂峠 → 武川岳 → 名栗げんきプラザ → 長岩峠 → 伊豆ヶ岳 → 古御岳 → 高畑山 → 天目指峠 → 子ノ権現分岐 → 豆口峠 → 鐘撞堂 → 小殿 → 古民家ファミリービレッジ
距離・コースタイム ウサギ:29.2km(コースタイム:12時間45分)
カメ:23.7km(コースタイム:10時間45分)
補給ポイント ■さわらびの湯:自販機、売店
■名郷:自販機
■名栗げんきプラザ:エイド
■子ノ権現:自販機、売店
エイド 名栗げんきプラザに設置。
飲料(一人500ml程度)、軽食を用意します。
トイレ さわらびの湯、名郷、名栗げんきプラザ、子ノ権現(※紙がないとのことです)
参加料 選手:2000円
応援者:800円
※参加賞、エイド、ゴール後軽食、キャンプ場利用料が含まれています。
参加資格 ・ナイトトレイル経験者
・コースを迷うことなく、一人でも走りきれる自信のある方
・ハイカーへの挨拶、譲る気持ちの持てる方
・コトリキッスメンバー及びその紹介
・山岳保険に加入していること
参加賞 オリジナル缶バッチ、お米
エントリー 第6回UTKKエントリーページよりお申し込みください。
定員 約30名(ウサギ・カメ合計)
競技ルール

■指定されたコースを通過するようにしてください。ポイント間の巻き道の利用については選手の判断に任せます。
■順位付けは部門毎に行い、完走タイムの速いもの順とします。
■ストックの使用は可能とします。
■サンダル(いわゆるワラーチ、ゲッタなど)、裸足での参加は自己責任でお願いします。
■受付時もしくは事前郵送にて「ナンバーカード」と「缶バッチ」をお渡しします。レース中はこれらを身につけて走ってください。
■必携品の不備に対しては以下の対応を行います。
・必携品に不備のあった選手には一律ペナルティータイム30分を課す。
 ※スタート時間、ゴール制限時間に変更はなし。単純に完走タイムにプラス30分。ペナルティータイム加算により制限時間をオーバーしてしまった場合でも完走扱いとする。
・不足品についてはレンタル品を貸与する。
・レンタル品が足りない場合には必携品不備選手同士でゴールまで行動を共にしてもらう(この場合、ペナルティータイムはなしとする)。
ex)エマージェンシーシートのレンタル品が2枚しかないが、エマージェンシーシートを忘れた選手が3名いる場合、3名に2枚貸与し、この3名はゴールまで行動を共にしてもらう。

表彰 うさぎ男子1位~3位
うさぎ女子1位~3位
かめ男子1位~3位
かめ女子1位~3位
必携品 ライト反射板(必ずザックに付けること)コース案内資料、水(1.0L以上)、防寒具、雨具、エマージェンシーシート、携帯電話、お金、時計、行動食、熊鈴、地図(秩父・奥武蔵エリア)、コンパス、ファーストエイドキット
※大会当日は一年の中でも最も日が短い時期です。16時32分が日の入りとなります。必ずライトを持参するようにしてください。
受付時に持ち物チェックを行います。
持参推奨品 携帯トイレ、ポイズンリムーバー
※その他必要と思われるものについては各自で判断して持参してください
リタイア 体調不良の際は無理せずリタイアしてください。
エスケープ&リタイアの際は必ず緊急連絡先までご一報ください。
エスケープルート 蕨山、鳥首峠、麦坂峠、武川岳からは名郷バス停。
豆口峠からは名栗車庫バス停。
エイドでリタイアの場合は車でゴール会場まで送迎します。
失格(もしくはペナルティー)行為 ・必携品を所持しなていない選手
・ゴミの投棄や自然保護に反する行為をした選手
・他の山の利用者に迷惑をかけた選手
緊急連絡先 別途連絡致します
お問い合わせ先 twfhj421@gmail.comまでお願いします
サイトURL http://usakame7.web.fc2.com/UTKK/6th/

UTKK抽選会&ミッション

第6回UTKKではレース終了後に古民家ファミリービレッジキャンプ場にて抽選会を行います。
レース参加者には一人一枚抽選権を渡しますので、それぞれ名前を記入いただき抽選ボックスに投入してください。
全員分を回収後に司会者が一枚ずつ名前の書かれた抽選券を引いていきます。
抽選券を引かれた方は好きな賞品を一つGET出来るというものです。

★Mission1★ コース上のごみを拾え!!
UTKKコース上に落ちているゴミを拾って頂いた選手には抽選券を一枚進呈します。
なお、ゴミの量は問わず、ゴミ拾いによる抽選券獲得枚数は最大一枚とします。
拾って頂いたゴミはキャンプ場で回収致します。
★Mission2★ 「子の権現」「鐘撞堂」両方の鐘を撞け!!
子の権現と鐘撞堂にそれぞれ配置されている鐘を撞いた選手には抽選券一枚を進呈します。
証拠としてそれぞれの鐘の写真を提示してください。
子の権現の鐘は「鉄草鞋」横の階段を登った先にあります

注意事項

▼終盤はナイトトレイルになります レース当日は一年の中でも最も日が短い時期となり、日の入りは16時32分ごろとなっております。
その為、レース終盤はナイトトレイルになることが予想されます。
必ずライトを持参するようにしてください。
▼エイド関門について エイドに関門を設置します。
13時30分以降に到着した選手についてはDNFとし、競技を終了して頂きます。DNF者は車でゴール地点へ搬送致します。
ウサギ①:17.7km地点 スタート後5時間00分
ウサギ②:17.7km地点 スタート後4時間30分
カメ:12.6km地点 スタート後4時間15分
▼ハイカーに注意してください ハイカーとの接触事故を避けるためにも追い抜き、すれ違い時は歩行厳守とし、
早めの声掛け&謙虚な気持ちでトラブルのないよう宜しくお願い致します。
▼コースを十分に理解してください コース上には道標がなく分かりにくい箇所がいくつかあります。
コースを理解し当日はマップとコンパスを持った上で参加するようにしてください。
▼ロード区間があります 「名栗げんきプラザ周辺」と「小殿バス停~さわらびの湯」はロード区間です。
必ずザックに反射板をつけて、車に注意して通過するようにしてください。
▼緊急時 レース当日までに緊急連絡先をお伝えしますので、緊急時orリタイア時にはご連絡ください。
また、こちらからの連絡にも応えられるよう携帯を十分に充電しておいてください。
▼自己責任です 本大会はあくまで仲間内による草レースです。
大会が用意するコース案内一切ありません。
また、保険の加入もありません。
当日の行動は全て自己責任であるということをご理解ください。

よくあるご質問

Q:必携品のコース案内資料はスマホにダウンロードして持参でも良いですか?
A:はい、出来れば紙で持参して頂きたいですが、携帯電話で閲覧出来れば可とします。
  ただし、バッテリーが切れることのないようにお願いします。

Q:必携品不備の場合、どうなりますか?
A:必携品に不備があった場合には、一律30分のペナルティータイムを課します。詳細は要綱の「競技ルール」を参照ください。

Q:UTMF及びUTMB獲得ポイントは何ポイントでしょうか?
A:大変申し訳ありませんが、本レースは非公式な草レースであるため完走しても0ポイントとなります。
  しかしながら、あなたの足にポイントが刻まれることになるでしょう!!

inserted by FC2 system